トップ > 石川 > 加賀の千代 > 記事

ここから本文

加賀の千代

ひとつ家はひとつしぐれて哀れなり

 「はいかい松の声」所収。季語は「しぐれ」(冬)。「草木が枯れ、寒寒とした平野の町はずれにぽつんと置き去られているような一軒家がある。薄暗くなって、局地的にザーッと降ってきた時雨が、ちょうどその一軒家を目がけて降っているように見えて、哀れさを感じた」との意。時雨は晩秋から初冬のころ、晴れていた空がにわかに曇って雨が降り、間もなく晴れたかと思うとまた降るといった、陰晴の定めなく降る雨のこと。冬の訪れを告げる時雨の空模様の寂しい景色をとらえた好句である。

  (俳文学会員・山根公)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索