トップ > 石川 > 加賀の千代 > 記事

ここから本文

加賀の千代

名月やもどって噺す事はなし

 「一声塚」所収。季語は「名月」(秋)。「月は詩心を刺激する。夜が更けるまで中秋の満月を眺めて楽しんでから家に帰った。あれほど月に憧れ、月を眺め続けてきたが、帰ってきて、何を話そうかと考えると何も話すことがない」との意。名月に酔いしれた心情を素直に詠んだ句である。<名月や眼におきながら遠ありき>という句もある。「名月を見ながら遠歩きをする」との意だが、こちらの句は月を仏に例えているようだ。仏の慈悲をしっかりと心に刻み付けながら自由に歩いて旅行ができるという喜びを詠んでいる。 (俳文学会員・山根公)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索