トップ > 石川 > 2月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

金沢工大ロボが連覇 輪島でバトル大会

決勝リーグで白熱したロボットの対決を見せた出場者=輪島市文化会館で

写真

 第五回のとロボット競技輪島大会のバトルロボット部門石川地区大会が十日、輪島市文化会館で開かれた。自作ロボットで対決する催しで、金沢工業大工学部の学生が手掛けたロボット「ジュニオール」が優勝し、二連覇を果たした。

 県内の高校生、大学生や専門学生、社会人ら九チームが出場した。予選リーグは三チームずつの総当たり戦で行い、一位チームが決勝リーグに進出。決勝も総当たりで実施し、ジュニオールが二勝を挙げ、栄冠をつかんだ。

 代表の工学部四年、金井広行さん(22)=野々市市=は「負けられない戦いだったが、なんとかなって良かった。二連覇はとてもうれしい」と喜んだ。

 催しは、十六日に同会館で開かれる自作のロボットを戦わせる同様の全国大会を前に、実戦経験を養うため開かれた。この日出場した九チームは全国大会に出場する。 (田井勇輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索