トップ > 石川 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

うり二つ?笑顔の私 ふるさと偉人館で自画像展

さまざまな表情の作品が並ぶ自画像展=金沢市下本多町の金沢ふるさと偉人館で

写真

 県内外の幼児から中学生が描いた自画像の作品展が、金沢市下本多町の金沢ふるさと偉人館で開かれている。個性豊かな千四百五十七点が並ぶ。二十日まで。

 大きく口を開けて笑う顔や、あごに手を当て写実的に描いた顔などがクレヨンや鉛筆で描かれている。今年は、自画像の制作に取り組んでいる長崎市の伊王島中学校の三年生二人も出品した。作品の中から、金沢21世紀美術館長や市教育長など審査員五人が大賞十点を選出。受賞作が額縁に入れて紹介されている。

 自分の作品を見に来た金沢市北塚町のふたつか認定こども園の前田望結ちゃん(6つ)は「目の形を頑張って描いたので見てもらいたい」と笑顔で話した。

 入館料は一般三百円、六十五歳以上は二百円、高校生以下は無料。 (小川祥)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索