トップ > 石川 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ミリスタ「初めは危うく後よろし」 尾山神社 監督らが勝利祈願とおみくじ

おみくじを引く武田勝監督(中)ら=金沢市尾山町の尾山神社で

写真

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズの幹部らが十一日、金沢市の尾山神社を訪れ、チームの勝利を祈願した。おはらいを受けた後、端保聡社長と武田勝監督が玉串をささげた。

 祈願の後、おみくじを引き、端保社長と球団マスコットのタン坊が大吉を引き当てた。武田監督が引いたのは小吉。争いは「初めは危うく後よろし」とあり、「気付いたら優勝しているということかな」と周囲の笑いを誘った。

 就任二年目の武田監督は「結果を求められると思う」と話し、「しっかりチームづくりをして優勝できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 選手は二月に合同自主トレ、三月にキャンプインをする予定。四月の開幕に備えて体力づくりなどに励む。 

  (寺田結)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索