トップ > 石川 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

学生野球協 優秀選手に星稜竹谷 前主将 春夏連続で甲子園

優秀選手表彰を受ける竹谷理央前主将=金沢市の県青少年総合研修センターで

写真

 日本学生野球協会の本年度の優秀選手に、県内からは星稜の竹谷理央前主将(三年)が選ばれ、十一日に金沢市の県青少年総合研修センターで表彰を受けた。

 星稜は昨年、春夏連続で甲子園に出場。投手と外野手を務め、主軸を担った竹谷前主将はチームをまとめる一方、夏の石川大会決勝で4本塁打を放ち、一試合の大会新記録を樹立するなどプレーでも引っ張った。

 表彰式を終えた竹谷前主将は、高校生活を振り返り「苦しいこと、つらいことがほとんどだったが、三回甲子園に出られたのは良かった。これからは目標のプロ野球選手に向かって頑張っていきたい」と話した。進路は未定だが、関西の大学で野球を続けるという。

 県高野連の理事会・理事研究協議会もあり、二〇一九年度の事業計画案、大会日程案などを決めた。 (小坂亮太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索