トップ > 石川 > 12月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

農薬と化学肥料 未使用 ニンジンジュースいかが 中能登で販売へ

長屋農園が販売するニンジンのジュース=中能登町羽坂で

写真

 農薬と化学肥料を使わず栽培したこだわりのニンジンを使ったジュースが来年一月十二日から中能登町井田の道の駅「織姫(おりひめ)の里なかのと」で販売される。ニンジンを生産した長屋農園(同町羽坂)の長屋弘智代表(62)は「甘みが強く生でもうまいが、ジュースはもっとおいしい。飲みやすい味で、子どもやお年寄りにも楽しんでほしい」と話した。

 五百ミリリットル入りの瓶で千二百円。埼玉県の加工会社に製造を委託し、今季は百二十本を販売する。材料にはニンジンと発酵防止のためのレモンだけを使い、長屋代表は「臭みも少なく、野菜が苦手な子どもも喜ぶ」と出来栄えを語る。

 ニンジンには「BLOF(ブロフ)理論」と呼ばれる栽培方法を導入。アミノ酸とミネラルの供給、微生物による病害菌の抑制などを行うことで、高い栄養価と糖度を実現したという。

 夏の大雨の影響で、短く育ったニンジンを有効活用する目的もある。今後は生産を拡大し、異なる色味のニンジンでもジュース加工を検討している。 (中川紘希)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索