トップ > 石川 > 12月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

熟成するまちの姿 「金沢学会」考える きょうまで

まちづくりについて意見を交わす有識者=金沢市内のホテルで

写真

 金沢のまちづくりの課題について考える「金沢学会」が六日、金沢市内のホテルで始まった。七日まで。

 金沢創造都市会議開催委員会が二年に一度開いている。テーマは「熟成する金沢−文化都市を深める−」で、金沢経済同友会の会員ら百十人が参加した。

 初日は「まちを熟成させる」「ものづくりを熟成させる」「夜を熟成させる」などをテーマに、有識者によるパネル討論があった。

 「まちを熟成させる」の討論には、金沢工業大の水野一郎教授や芝浦工業大の大内浩名誉教授ら四人が参加。「国などからの働きかけによるまちづくりではなく、市民が行動し内発的にまちをつくるべきだ」「道路の車線を減らし、歩けるまちの良さについて考えては」などと活発に意見を交わした。 (草野大貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索