トップ > 石川 > 12月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

東海から求ム!能美応援団

東海能美市の会(仮称)への勧誘を呼びかける井出敏朗市長=能美市役所で

写真

市の魅力もっと発信 会設立へ準備

 能美市の応援団を増やそうと、市は、東海地方の市出身者や市ゆかりの人でつくる「東海能美市の会(仮称)」の参加者を募り、設立に向け準備を進めている。市のPRに協力してもらい、移住定住の促進などを推進する狙い。井出敏朗市長は「会社員でも学生でも構わない。知り合いの東海関係者に参加を呼び掛け、ふるさと応援団の輪を広げて」とアピールしている。(吉野淳一)

 市ゆかりの会員でつくる同様の組織は「関東能美市の会」「関西能美市の会」に次いで三例目。二〇二三年の北陸新幹線敦賀延伸を見据えており、井出市長は「東海とのつながりを密にし、連携して市の魅力を発信したい」と狙いを語る。

 対象は愛知、三重、岐阜、静岡など東海ゆかりの人。現在、二十五人ほどが参加予定といい、さらに参加者を募っている。来年早々にも設立総会を開く。設立後は総会などを通じて会員同士で親睦を深めてもらう。井出市長は「関東、関西の両会との交流会も開ければ」と期待する。

 井出市長によると、既に発足している会の会員は、東京都内などで開かれる市主催のPRイベントに参加してくれたり、地元に市の宣伝ポスターを張ってくれたりするなど、市の魅力発信に貢献してくれている。

 井出市長は「会員の拡大は市の知名度アップや観光誘客にもつながる。できるだけ多くの会員を集めたいので、ご協力を」と呼び掛けている。(問)能美市市長戦略室0761(58)2204

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索