トップ > 石川 > 12月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

県外から移住女性、能登語る 能登空港

「能登に移住して感じたこと」と題して語り合う女性たち=能登空港ターミナルビルで

写真

 県外から奥能登地方に移住した女性四人が、輪島市の能登空港ターミナルビルで、「能登に移住して感じたこと」と題し、地域の魅力や課題を語り合った。

 松山市出身のパティシエ、松本暁子さん=輪島市、東京都世田谷区出身のカフェスタッフ、志保石薫(しぼいしゆき)さん=珠洲市、北海道千歳市出身のデザイナーで穴水町地域おこし協力隊、戸田実沙さん=穴水町、北九州市出身の能登里海教育研究所(能登町)博士研究員、木下靖子さん=能登町=が登壇した。

 戸田さんは「人との距離が近く、移住者が入りやすい。四季を楽しめて生活が豊かになった」と語った。松本さんは伝統工芸「輪島塗」の良さに触れ、地元での活用の拡大を訴えた。

 能登地方の歴史や文化を考え、地域の振興につなげようと、県奥能登総合事務所が昨年から始めた講義「奥能登塾」の一環で開いた。近隣の約四十人が聴講した。 (田井勇輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索