トップ > 石川 > 11月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

異世代交流「恐竜動いた」 小松で園児と高齢者 アプリで絵画

スクリーンで自在に動く恐竜を見て楽しむ園児と高齢者=小松市岩渕町で

写真

 高齢者と園児がアプリケーションを使い楽しむ「異世代交流」(北陸中日新聞後援)が七日、小松市岩渕町の介護老人保健施設グリーン・ポート小松であった。

 同市軽海町の中海こども園の年長児十四人が訪れ、通所の高齢者約四十人と恐竜の塗り絵を楽しんだ。続いて事務機器大手リコー(東京都)が開発した「紙アプリ」を使い、恐竜の塗り絵を専用スキャナーで読み取った。スクリーンに映し出した恐竜が自由に動き回る仕組みで、高齢者と子どもたちは歓声を上げて楽しんでいた。

 同市岩渕町の奥田幸二さん(91)は「なかなか小さな子どもと遊ぶ機会はない。心が若返った気持ち」と喜んでいた。 (青山直樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索