トップ > 石川 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

とろっ ひやっ たまらん新食感 おんたまソフト

中宮温泉の温泉卵が入った「おんたまさんソフト」=白山市瀬戸で

写真

道の駅「瀬女」「中宮温泉の卵味わって」

 白山市の中宮温泉で作った温泉卵をソフトクリームと一緒に味わうことができる「おんたまさんソフト」を、同市瀬戸の道の駅「瀬女(せな)」が五日から販売している。(都沙羅)

 「にしやま旅館」(白山市中宮)の湯にじっくりと漬け込んた温泉卵「おんたまさん」が、ソフトクリームの下に入っている。おんたまさんは白山商工会(同市)が企画した土産品ブランド「白山百選」に認定されていて、ほのかな温泉の匂いとまろやかな味が特徴。同じ白山百選の一つ、ポン菓子「そばポン」をフレークの代わりに敷き詰め、ソフトクリームの上には白山麓のヤマヨモギと能登の海塩で作ったよもぎ塩をまぶしている。

 山下宗光支配人は「おんたまさんなど白山百選を使ったデザートを作りたかった」と話す。ソフトクリームに、温泉卵とポン菓子を交ぜ合わせて食べるとミルクセーキのようにまろやかな口当たりになる。

 「おんたまさんの味を楽しんでもらうため余計な素材は使っていない。中宮温泉で作った卵の味を楽しんで」と山下支配人。おんたまさんソフトは一個四百円(税込み)。十一月中旬ごろまで販売を予定している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索