トップ > 石川 > 10月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

10周年 わくたまくん新衣装 温泉らしい浴衣姿だよ

各旅館の浴衣や手ぬぐいをパッチワークにした新衣装を着るわくたまくん=七尾市和倉町で

写真

 七尾市の和倉温泉のPRキャラクターわくたまくんが十日、誕生から十周年を迎え、和倉温泉観光協会が節目を記念する新衣装を発表した。

 同温泉旅館協同組合に加盟する十九旅館の浴衣や手ぬぐいなどをパッチワークにした浴衣姿をイメージした。温泉らしさを強調した出来栄えで、背中の帯には、金色で十周年を表す文字が施されている。

 二〇一二年に東京ガールズコレクションでブースを構えた際に作ったマリン風の衣装に続き、わくたまくんのオリジナル衣装は二着目となる。

 和倉温泉観光協会の宮西直樹事務局長は「地元住民とファンに支えられてきたことに感謝したい。今後もわくたまくんが和倉温泉をPRできるようにサポートしていきたい」と話した。

 十三日にJR七尾駅前である七尾市民健康福祉まつりで、市民にお披露目される。二十、二十一の両日に滋賀県で開かれるご当地キャラ博や十一月に大阪府である、ゆるキャラグランプリなどでも着用するという。

 十日は、全国から寄せられた十周年を祝うメッセージ九十三通の中から、わくたまくんグッズのプレゼント当選者を決める抽選会があった。和倉温泉観光会館では、メッセージや十年間の活動写真を十月末まで展示している。 (松村真一郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索