トップ > 石川 > 10月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

認知症理解深める 介護経験者が講演 穴水町兜公民館

山谷靖昌さん(手前)が行う認知症をテーマにした講話に耳を傾ける参加者=穴水町兜公民館で

写真

 穴水町兜(かぶと)公民館で開かれている健康教室「ひまわり教室」で九日、近くの女性三十四人が認知症を題材にした講話に耳を傾け、症状への理解を深めた。

 同町前波で認知症をテーマにした地域サロン「おたっしゃサロン オレンジカフェ」代表の山谷靖昌さん(73)=同町前波=が講師とを務めた。若年性認知症の妻を介護した経験を踏まえ、講演した。

 山谷さんは「認知症は決して人ごとではない」とした上で、症状の予防や認知症の人と接する際の注意点を解説した。介護する立場になった時には、自分の感情を捨てて相手の気持ちに合わせることや、介護の悩みを抱えたらすぐ周囲に相談するのが重要と説いた。

 ひまわり教室の代表で町健康づくり推進員、百成麗子さん(74)=同町甲=は「参加者はみな真剣に話を聞いていたので、成果があったと思う。大変良い機会となりました」と振り返った。 (田井勇輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索