トップ > 石川 > 10月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

神社の疑問 これがアンサー 白山さん 英語版HPやパンフ作成

神社の歴史などを掲載した英語版HPを紹介する担当者=白山市三宮町で

写真

 白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社は、外国人参拝客への対応を円滑にできるよう、英語版のホームページ(HP)と案内パンフレットを作った。同神社の歴史や土産として人気のあるお守りなどを紹介している。国内のほか、海外からの観光客も気軽に参拝できる神社を目指す。

 HPでは、二千百年以上前に建てられたとされる神社が愛称「しらやまさん」として親しまれていることのほか、縁結びの神として崇拝される祭神「菊理媛尊(くくりひめのみこと)」や亀甲の形をした神紋を英語で説明。鳥居のくぐり方や手などを清めるちょうず舎での作法、さい銭を入れた後のお辞儀の仕方などの参拝方法、交通安全や縁結びを祈願したお守りも紹介している。

 パンフレットは神社の歴史や境内マップ、英語版HPにアクセスできるQRコードを掲載している。神社は市観光連盟などと協力し、市内の観光施設に配布する。来春には日本語と英語の切り替えが可能なタッチパネル式の電光掲示板を設ける予定だ。

 外国人参拝客から歴史やお守りに関する質問を受けても、これまで十分な説明ができなかったのを受けて企画した。担当者は「二〇二〇年には東京五輪・パラリンピックが開かれ、海外から多くの観光客が県内にも訪れる。日本人、外国人も『来て良かった』と思える神社にしていきたい」と話す。 (冨田章午)

●は、くちへんに羊

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索