トップ > 石川 > 9月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

選手とつながる整骨院 開院 野々市

一般の人たちも利用できる「金沢武士団アスリート鍼灸整骨院」=野々市市稲荷で

写真

 プロバスケットボール男子B2の「金沢武士団(サムライズ)」と整骨、鍼灸(しんきゅう)院の全国チェーン「GENKIDO」(群馬県伊勢崎市)が運営する「金沢武士団アスリート鍼灸整骨院」が十四日、野々市市稲荷に開院した。選手らを対象にした高水準の施術環境を整備。選手とともに一般の人たちも治療を受けることができる。

 院内の整体エリアには、筋肉やけんの状態が画像で確認できる超音波医療診断装置(エコー)、酸素濃度が変更でき疲労回復効果のあるエアコン、テレビ付きの酸素ルームなどを備える。トレーニングルームも併設し、専属トレーナーによる個別トレーニングを受けることができる。

 GENKIDOは整骨院「げんき堂」やリラクセーションサロンなど約三百店舗を全国展開。金沢武士団のオフィシャルサプライヤーとして、げんき堂のトレーナーが選手たちのケアをしてきた。地域医療の拠点として、武士団の地元の野々市市に「金沢武士団」の名前を冠した同院を開設することになった。

 オープニングセレモニーでは、金沢武士団の中野秀光代表取締役社長が「選手と地域の人たちがつながる取り組みになる」とあいさつ。参加した選手十二人が同院入り口のホワイトボードに記念サインをした。

 八幡圭祐選手は「選手の居住エリアから近くて通いやすい」。GENKIDOの上口(うえぐち)泰正取締役は「気軽に選手に会えて、一緒に健康を目指してもらえれば」と話した。 (都沙羅)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索