トップ > 石川 > 9月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

県境道路 12年経て開通 国道416号 小松−福井・勝山

テープカットをして開通を祝う関係者ら=福井県勝山市の勝山ふれあいセンターで

写真

 国道416号の福井県勝山市と小松市をつなぐ区間が開通し九日、供用を開始した。勝山市滝波町五の勝山ふれあいセンターで同日に式典があり、関係者らが念願だった県境道路の開通を喜び合った。

 開通したのは、勝山市野向町横倉から小松市新保町の六・三キロ区間で、事業費は約五十億円。二〇〇六年から事業に着手し、十二年を経て開通を迎えた。

 式典には福井県の西川一誠知事や谷本正憲知事ら約百五十人が出席。谷本知事は「両県が緊密に連携を図ってこの道路の整備を進めてきた」と説明。西川知事は「開通で、他の道路が通行止めになった時の代替道路の役割も果たす。この道路で石川県の皆さんに福井国体の会場に来てもらいたい」と期待。関係者がテープカットをして開通を祝った。

 地元の山岸正裕勝山市長は「この開通で両市、両県の交流がさらに深まっていくことを期待している」と話し、和田慎司小松市長は「北陸新幹線の敦賀延伸なども予定されており、(開通で)両市の経済発展にもつながればうれしい」と期待した。 (笠松俊秀)

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索