トップ > 石川 > 9月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

輪島中・松本さん選出 ソフトテニスU−15日本代表

練習に励む松本隼さん=輪島中で

写真

11月 韓国の国際大会へ

 輪島市輪島中学校三年の松本隼(はやと)さん(15)が、日本ソフトテニス連盟の日本代表(男子U−15)に選ばれ、全国の強豪選手五人とともに十一月中旬に韓国で開かれる国際大会に出場することが決まった。松本さんは「プレーはもちろん、トップ選手の心構えや礼儀などを学んできたい」と意気込んでいる。(関俊彦)

 松本さんは幼稚園の年長でソフトテニスを始め、小学校と中学校でともに全国大会に出場した。スマッシュやボレーに力があるダブルスの前衛としての活躍を期待され、今年は日本代表(U−14)の合宿にも参加していた。

 男子ソフトテニス部顧問の亀岡肇さん(57)は、松本さんについて「あれほど研究熱心で向上心がある中学生は見たことがない」と語る。部活動では、練習の反省やプレーの質問をノートに書かせているが、他の生徒が三年間で一冊記入し終わらないところ、松本さんは六冊記入しているという。

 日本代表には、全国大会で活躍した選手が選ばれることが多いが、松本さんは今夏、北信越大会で敗退。亀岡さんは選出について「合宿の印象が良く、今後の可能性が感じられたからではないかと思う。とにかく頑張ってほしいね」と期待を込める。

 現在、松本さんは部活に加え、地元の「輪島ジュニアソフトテニスクラブ」にもOBとして参加し、世界の強豪と戦う準備を整えている。松本さんは「まだ日本代表の実感はわかない。でも今回経験することを生かして、今後も日本代表に選ばれる選手になりたい」と意気込みを語る。

 松本さんが出場する「世界ジュニアソフトテニス選手権大会」は十一月十八〜二十三日、韓国・順天市で開催される。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索