トップ > 石川 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

中学生が本紹介のポップ 「読書意欲高めて」金沢市内書店

生徒がポップを描いた本を手に取る男性=金沢市小立野で

写真

 金沢市内の中学生が友人に紹介したい本について描いた宣伝のポップが、同市の書店で展示されている。市と学校、市小中学校図書納入組合が協力して実施し、今年で四年目になる。

 うつのみや小立野店(金沢市小立野)では、芝原中学校の生徒九人が描いたポップが並ぶ。心に残る一文を引用したり、あらすじの要約をするなどして本の魅力を伝えた。カラーペンやイラストも使い、客の目を引くように工夫した。

 同市法島町の主婦梶川衣里さん(41)は「学校や部活、家庭をテーマにしている作品が多く、悩みに共感する中学生の姿が見える。普段読まないジャンルの本を手に取るきっかけになりそう」と話した。

 同組合の裏谷重成事務局長(66)は「中学生の素直な気持ちが表れたポップには、書店側も勉強させられる。子どもたちにたくさん本を読んでもらうだけでなく、書店を通じて地域全体の読書意欲を高めていきたい」と話した。 (寺田結)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索