トップ > 石川 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

二子山くり 発送始まる 穴水の諸橋郵便局 贈答品などで人気

発送が始まった能登二子山くり=穴水町前波で

写真

 穴水町と能登町にまたがる二子山で収穫した「能登二子山くり」の発送が十日、穴水町前波の諸橋郵便局で始まった。二十八日まで県内の郵便局で申し込みを受け付ける。

 能登二子山くりは、直径五センチほどにもなる大きな実が特徴。能登の里山を代表する秋の味覚の一つとして知られ、贈答品や土産物として人気がある。

 発送を始めた商品は、二〜四キロの三種類で、価格は二千五百〜四千五百円。鬼皮や渋皮のむき方のこつや、栗きんとんや栗ご飯などおいしい食べ方が書かれたレシピも同封している。

 今年は台風や大雨の影響で収穫が遅れており、初日は例年よりも少ない二十三箱を、東は東京都、西は兵庫県に発送した。川端康秀局長は「秋が深くなるにつれ、実はどんどん大きくなる。多くの人に能登の秋の味覚を楽しんでもらいたい」と話していた。 (関俊彦)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索