トップ > 石川 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

日本の伝統 着心地いかが? JICA アフリカ研修員、小松で体験

和服を着て笑顔で記念写真に納まる研修員たち=小松市国際交流協会で

写真

 国際協力機構(JICA)の青年研修事業(職業訓練コース)で、県内に滞在しているアフリカ九カ国の研修員十二人は十日、サポート役の小松市国際交流協会(同市小寺町)で、和服の着付けを体験した。

 同協会が日本文化プログラムとして企画。女性二人はあでやかな振り袖を、男性十人は浴衣を着せてもらった。和装は全員が初めてで、全体やグループで記念写真を撮り合っていた。

 エジプトのエルミーン・ナビエさん(女性)は「お土産に日本人形を買おうと思っていたら、自分が日本人形になっちゃった。とてもいい思い出になります」と満面の笑みを見せた。

 今回の事業は十一日、研修員たちが視察研修を通じて、母国に取り入れたいことなどを発表、閉講する。

  (山本義之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索