トップ > 石川 > 9月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

岩城宏之さんしのび OEKがコンサート 県立音楽堂

美しい歌声を響かせる岩城宏之音楽賞受賞者の吉田珠代さん(中央)=金沢市の県立音楽堂で

写真

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の創設に尽力した初代音楽監督の指揮者・岩城宏之さん(永久名誉音楽監督)をしのぶメモリアルコンサートが八日、金沢市の県立音楽堂であった。

 岩城さんの誕生日の六日前後に毎年開催している。岩城さんとも親交が深く、今月からOEKの首席客演指揮者に就いたユベール・スダーンさんが就任後、初めて指揮した。今年の岩城宏之音楽賞を受賞したソプラノの吉田珠代さん(福井県鯖江市出身)が、モーツァルトのアリア「シェーナとロンド『どうしてあなたを忘れられましょう』」を熱唱した。

 OEKは毎年、国内外の作曲家に新曲を委嘱して初演しており、今年は音楽堂洋楽監督を務める池辺晋一郎さんの新作「この風の彼方(かなた)へ−オーケストラのために」が披露された。プロコフィエフ「古典交響曲」、モーツァルトの交響曲第三十五番「ハフナー」も演奏した。 (松岡等)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索