トップ > 石川 > 9月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「秋キュウリ」出荷急ピッチ 小松で最盛期

早朝に収穫し、生産者が持ち込んだキュウリ=小松市今江町のJA小松市野菜集出荷場で

写真

 収穫時期を遅らせた「秋キュウリ」の出荷が、小松市で最盛期を迎えている。七日にはJA小松市野菜集出荷場(同市今江町)に約一トンが持ち込まれ、箱詰めして金沢と小松両市の市場へ出荷した。

 秋キュウリは、ハウスで出荷のピークを半年ほどずらして栽培。JA小松市によると、市内では八人の生産者が〇・六ヘクタールで栽培している。昨年より生産者が二人増え、今年は十一月末までに一割ほど多い約五十トンの出荷を見込んでいる。この日は出来栄えにより三等級に分け、手際よく箱詰めした。

 JA小松市の藤井市弥きゅうり部会長(63)は「猛暑で苦労したが、遮光して何とか収穫にこぎつけた。いいキュウリができた」と話している。 (青山直樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索