トップ > 石川 > 9月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

農口さん 酒造りの情熱 伝える あす27時間テレビ出演 石川テレビ

スタジオで食遺産について話す農口尚彦さん(フジテレビ提供)

写真

 小松市観音下町の酒造会社、農口尚彦研究所で杜氏(とうじ)を務める農口尚彦さん(85)が、九日に石川テレビで放送されるフジテレビ制作の「二十七時間テレビ」に、食にまつわる名人の一人として出演する。「にほんの食遺産」と題した企画で、農口さんの情熱あふれる酒造りに密着している。

 農口さんは能登杜氏四天王の一人と数えられる名だたる杜氏で、酒造りの神様とも呼ばれる。二〇〇六年には「現代の名工」にも認定された第一人者。

 番組では、農口さんら六人を「人間食宝」とし、それぞれの仕事に密着。農口さんが小松市の酒造会社で日本酒のこうじ造りに励んだり、蔵人たちを指導したりする様子なども放送する。

 農口さんら六人は、東京のスタジオにも出演し、ビートたけしさんや所ジョージさんらと、これからも残していくべき「食遺産」について語り合う。既に収録は終わり、フジテレビ広報は「農口さんの日本酒を、たけしさんらが試飲する様子もある。農口さんの情熱が伝わる内容だと思う」とPRしている。

 二十七時間テレビは八日午後六時半から。「にほんの食遺産」は、九日午後七時ごろから放送する予定。サッカー日本代表の乾貴士選手、宇宙飛行士の金井宣茂さんらの、未来に残したい食べ物についても紹介する。 

  (青山直樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索