トップ > 石川 > 9月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

跡地利用アイデア募集 能登町能都庁舎の移転で

現在の能登町役場能都庁舎。跡地利用法のアイデアを募集している=能登町宇出津で

写真

 二〇二〇年一月に新築移転が予定されている能登町役場能都庁舎の跡地利用法のアイデアを、町が募集している。役場などで応募用紙を配布している。

 現在の能都庁舎は一九七二年に建設。耐震性の不足や津波浸水想定区域内に位置していることから、旧宇出津駅跡地近くへの移転が予定されている。

 用紙には、公園やイベント広場、役場以外の公共施設など、跡地利用法のアイデアを自由に書き込んでもらう。町担当者は「庁舎前の『いやさか広場』との一体活用案も可能。柔軟な発想を期待する」と話す。

 募集は十八日まで、役場各庁舎などの応募箱で受け付ける。町ウェブサイトから用紙をダウンロードし、メールで送信することもできる。送信先はnew-town-hall@town.noto.lg.jp。(問)役場跡地利活用検討委員会事務局0768(62)8550 

  (加藤豊大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索