トップ > 石川 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ヒツジ飼育牧場を視察 野々市 県立大でJICA青年研修員

ヒツジの牧場を見学するアフリカからの研修員たち=野々市市の県立大で

写真

 国際協力機構(JICA)北陸センターがアフリカ九カ国から招いた青年研修員(職業訓練コース)の十二人が四日、野々市市の県立大を訪問した。

 一行は、遺伝子組み換え食品の実験室、食肉用ヒツジの牧場や温室群など施設を見学。講義では食品科学科の榎本俊樹教授が、産学官連携で商品化した減塩のいしるについて紹介した。

 また、元県農業総合研究センター所長で「里山自然学校こまつ滝ケ原」学校長の川畠平一さんは、タンザニアで農業指導した経験から新品種のネリカ米を「アフリカの稲作を支える」と期待を込めた。

 川畠さんの紹介で、農業に活用するためのバイオマス炭化プラントをケニアで稼働させる明和工業(金沢市)の担当者が、事業概要や計画を説明。研修員たちは質問を投げかけて関心を示した。 (山本義之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索