トップ > 石川 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

童心を思い出して制作 金沢学院大生が遊び展

「遊び」をテーマにした作品に見入る学生=金沢市武蔵町で

写真

 「遊び」をテーマにした学生のグループ展が、金沢市武蔵町のギャラリー「コニーズアイ」で開かれている。シーツをテントに見立て、冒険ごっこをする無邪気な子どもの表情を鮮やかに描いたアクリル画やポスター、写真など約二十点が並ぶ。九日まで。

 デザインを専攻する金沢学院大芸術学部三年生の五人が童心を思い出しながら、制作した。

 作品「デザイア」は水道の蛇口からオレンジ色のジュースが流れている。笠置萌絵さん(21)が幼いころの願望を作品にした。「子どものころはシーツや扇風機も遊び道具にして楽しんだ。今も視点を変えれば、どんなことも面白く見えるのでは」と語った。

 午前十一時〜午後六時、水・木曜休み。(電)コニーズアイ076(204)8431 

  (押川恵理子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索