トップ > 石川 > 9月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

地震、津波 仕組み紹介 エフエム石川 ハンドブックを発行

エフエム石川が発行した防災ハンドブック

写真

「防災の日」 備え入念に

 「防災の日」の一日、エフエム石川(金沢市)は、災害への備えや対策をまとめた冊子「防災ハンドブック2018」を発行した。県内の中学一年と小学四年生全員に配布され、防災教育に活用される。

 金沢大の宮島昌克教授と青木賢人准教授が監修した。イラスト付きで、地震や津波が起きる仕組みをはじめ、これまでに発生した大雨や地震、大雪の被害などを分かりやすく説明している。

 普段からの備えとして、非常用の持ち出し袋の用意や避難経路の確認、揺れに備えた棚の固定などを呼び掛けている。切り傷による出血ややけどの応急手当ての仕方も紹介。各地の消防本部や病院など緊急連絡先も載っている。

 さらに、「災害に強いラジオ」として、携帯しやすく、地域の情報がいち早く手に入りやすいラジオの特性を解説している。

 A5判、五十二ページ。約三万部を発行し、各自治体などにも配布している。 (横井武昭)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索