トップ > 石川 > 9月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

繊細、迫力 ヒョウタンに絵 穴水の高橋さん あすから本社で展示

作品の展示をする高橋勝博さん=金沢市の中日新聞北陸本社で

写真

 金沢市駅西本町の中日新聞北陸本社一階で、穴水町川島の高橋勝博さん(69)がヒョウタンを彫刻して絵を描いた作品の展示会「ひょうたん遊び」が三日から十五日まで開かれる。高橋さんはヒョウタンを種から育て、手製の道具で「七福神」などのイラストを大胆かつ繊細に描く作品づくりを日々楽しんでいる。

 十五年ほど前に友人に紹介され、趣味でヒョウタンの作品制作を始めた。自分の畑で栽培して乾燥させ、目立てやすりを使った自作の道具で表面を彫る。さらに漆を塗って拭き取ると、絵が浮かび上がる。

 長年没頭し、堅いヒョウタンを削る手の指にはたこができるほど。「ヒョウタンは一つ一つ形や表情が違って、見ているだけでも楽しい。そこに手を加えると、さらに面白くなるんです」と笑う。

 今回は十〜六十センチほどの大小さまざまな約六十点を展示する。タカや鳳凰(ほうおう)を描いた作品は羽の細かい部分まで再現して気品がある。迫力ある「風神雷神」のほか、穴水町出身の大相撲遠藤関や自身の孫を描いたほほえましい作品も並ぶ。

 二年前から地元の放課後児童クラブの子どもたちにヒョウタンの絵付けを教えている。「ヒョウタンの作品は小さい子からお年寄りまで楽しめる。一度見に来てほしい」と話している。

 入館時間は午前十時〜午後五時。日曜は入館できない。 (横井武昭)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索