トップ > 石川 > 9月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

白峰の活性化実践 石川高専OBが講演

白山市白峰地区での取り組みなどを語る山田浩太郎さん=金沢市本町のホテル日航金沢で

写真

 白山市白峰地区の活性化に取り組む若者グループ「シラミネ大学」の代表で、石川工業高等専門学校(津幡町)OBの山田浩太郎さん(32)が三十日、金沢市本町のホテル日航金沢で講演した。同校の研究や教育を支援しようと県内外の企業などでつくる「技術振興交流会」の産学官交流懇談会に招かれた。

 山田さんは野々市市の出身で、二〇〇六年度に同校を卒業。東京の機械設計会社などを経て人口減少、高齢化が進む白峰地区に一三年に移住した。一五年四月、若者有志でシラミネ大学を設立。「白峰ハロウィン」と銘打ち、仮装して独居の高齢者宅を訪れてお菓子をプレゼントするなど、地区の活性化に向けてさまざまな催しを展開している。

 講演で山田さんはこうした活動を紹介。在校生へのメッセージとして「失敗を恐れないで、いろいろなことに挑戦してほしい」とエールを送った。母校には「優秀な技術者を育てるのはもちろん、人間的にも魅力のある人を育てて」と期待。企業関係者には、同地区を社員教育の場として使うことなどを提案した。

 懇談会には関係者約百二十人が参加。海外インターンシップ(就業体験)に参加した在校生の発表や教員の研究発表などもあった。 (村松秀規)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索