トップ > 石川 > 9月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

かほく市最高齢 祝103歳、紺谷さん

油野和一郎市長(右)から花束を受け取った紺谷嘉子さん(中)。左は息子の信夫さん=かほく市木津で

写真

 かほく市は二十九日、市内最高齢の百三歳の紺谷嘉子さんにお祝いの花束などを贈った。油野和一郎市長が同市木津の自宅を訪れ、「長生きしてください」と花束を手渡すと、紺谷さんは「気の毒なねえ」と礼を述べた。

 一九一五(大正四)年一月生まれ。地元出身で、機織り工場で働いたり、内職したりして三人の子どもを育てた。四十年以上前に夫を亡くした。

 現在は自宅で長男信夫さん(75)と暮らし、近くの畑でスイカやウリなどを育てるのが趣味。週二回、市内のデイサービス事業所にも通っているという。「あの世に早う行きたいぎけど。内臓がきつい(強い)がかねえ」と話し、周囲を笑わせた。

 市は九月の敬老の日の前に、その年の市内最高齢者を祝っている。 (島崎勝弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索