トップ > 石川 > 8月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ろくろや上絵付け 入学志願者が体験 九谷焼技術研修所

研修所卒業生(右)のろくろ回しを見学する参加者ら=能美市の県九谷焼技術研修所で

写真

 能美市の県九谷焼技術研修所のオープンキャンパスが二十六日あり、百三十四人が上絵付けやろくろ回しの体験や見学をした。

 ろくろがある成形室には多くの来場者が集まり、滑らかな手付きでろくろを回す卒業生の技を熱心に見学した。上絵付けでは、自分で決めた花や動物などの柄を、九谷五彩で鮮やかに色付けした。

 九谷焼の○×クイズに答えながら、隣接する市九谷焼資料館などを回るスタンプラリーも初めてあり、全問正解した人には九谷焼マグネットが贈られた。

 金沢中央高校四年の森田里菜さん(33)は「九谷焼は食器のイメージが強かったが、動物をモチーフにした置物などもあり、幅が広いとわかった」と話した。来年度の受験受け付けは十一月以降、学科ごとに順次始まる。 (長屋文太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索