トップ > 石川 > 8月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

加賀しずく 甘いね ナシ県品種 金沢駅で振る舞い

試食イベントで加賀しずくを味わう人たち=金沢駅で

写真

 昨年、市場デビューした県独自品種の梨「加賀しずく」の試食イベントが二十八日、金沢駅一階コンコースであった。多くの旅行客や家族連れらが、甘くてみずみずしい味覚を堪能した。(村松秀規)

 県、全国農業協同組合連合会(JA全農)いしかわ、生産者でつくる加賀しずくプロモーション実行委員会事務局が、PRのため昨年に続いて催した。今年は雨が少なく暑い日が続いたため、より甘く仕上がったという。試食用に千食分を用意し、一玉七百円で販売もした。

 旅行で金沢を訪れていた千葉県柏市の大学二年生、内冨成美さん(19)は「水分が多くてみずみずしい。甘くてめっちゃおいしいです」。JA全農いしかわ米穀園芸部の金田誠さんは「まだまだ認知度は低いが、試食イベントを通してファンを増やしたい。今後、生産量も増やしていきたい」と話した。

 試食イベントは生産地の金沢、加賀、白山の三市で九月一〜八日、JAの直売所などで開かれる。(問)加賀しずくプロモーション実行委員会事務局=076(225)1621

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索