トップ > 石川 > 8月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

流麗な三味線、力強い歌声 県立美術館 長唄の「君賀会」定期演奏会

勧進帳を披露する杵屋君三郎さん(左から2人目)ら=金沢市の県立美術館で

写真

 長唄の杵屋君三郎さんが主宰する「君賀会」の定期演奏会が二十六日、金沢市の県立美術館であり、ひがし茶屋街の芸妓(げいぎ)ら門下生三十三人が日頃の稽古の成果を披露した。

 君三郎さんらプロの演奏者による「操り三番叟(さんばそう)」で幕開けした。その後「小鍛冶(こかじ)」「娘道成寺」「勧進帳」「時雨西行(しぐれさいぎょう)」など長唄の名曲十八曲が演奏された。

 小松市にある安宅の関が舞台の「勧進帳」では、唄方三人と三味線方四人が舞台に上がった。流麗な三味線の演奏と力強い歌声で、主君を守ろうとする弁慶の物語を歌い上げ、観客を魅了した。 (草野大貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索