トップ > 石川 > 8月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

オリジナル地元音頭 「加賀野音頭」が完成 白山市、祭りで初披露

加賀野音頭を披露する地元住民ら=白山市加賀野公民館前広場で

写真

 白山市加賀野地区の魅力を満載したオリジナル音頭「加賀野音頭」が完成し、加賀野公民館前広場で二十六日夜あった「加賀野まつり」で初披露され、浴衣姿の地元住民ら約七十人が踊った。

 同まつり実行委員会は、地域に愛着を持ってもらおうと、昨年から加賀野音頭の制作を始めた。歌詞は公民館だよりで公募し、曲と踊りの振り付けは、加賀野まつりで毎年、盆踊りの演奏を担う笠間民謡会に依頼した。

 実行委は、応募作から同市西柏三、辻良弘さん(71)の歌詞を採用した。地区から眺めることができる白山の雄大さやキリコ、みこしが街中を練り歩くさまがつづられ、「白山」「加賀野」といった地元にちなんだ言葉が盛り込まれている。

 実行委は今後、地区の敬老会などで披露し、広く浸透させていく考えだ。山田紀次委員長は「地元の音頭を広く知ってもらうことで、ふるさとへの理解をさらに深めてもらえれば」と話した。 (冨田章午)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索