トップ > 石川 > 8月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

西郷どんの魅力語る 県立能楽堂 林真理子さん講演

西郷隆盛のカリスマ性などについて話す林真理子さん=金沢市石引の県立能楽堂で

写真

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の原作の著者、林真理子さんの講演会が二十六日、金沢市石引の県立能楽堂で開かれた。抽選で選ばれた県民ら四百二十人がドラマの裏話に聞き入った。

 林さんは「あらゆる人に優しく接する」ところにドラマの主人公・西郷隆盛のカリスマ性があると指摘。史実にのっとった作品を書く方法などを紹介した。講演後には「他に幕末で書いてみたい人は」など、招待客から質問が出た。

 幕末の歴史が好きで、母親と一緒に来ていた白山市の石井英明さん(39)は「ドラマと林さんの関わり合いについて聞けて面白かった。ドラマしか見ていなかったが、原作も読んでみたい」と話した。

 講演会は今年四月に開かれる予定だったが、林さんの体調不良により中止され、延期になっていた。 (寺田結)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索