トップ > 石川 > 8月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ヒアリの特徴 ブースで解説 産展で里山里海展

ヒアリの標本を眺める子どもたち=金沢市の県産業展示館で

写真

 県立自然史資料館は二十五、二十六両日に金沢市袋畠町南の県産業展示館であった「いしかわの里山里海展2018」に出展し、ヒアリについて解説するブースを設けた。

 題して「ヒアリ検定」。シロアリやミツバチなどの標本と見比べて、どれがヒアリかを当てる。訪れた親子連れらは顕微鏡をのぞいて、胸と腹の間にある二つのコブなどを観察した。

 初めてヒアリを見たという白山市明光小学校五年の中村遥(はる)君(10)は「普通のアリと見分けがつかなかった」と話していた。 (稲垣達成)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索