トップ > 石川 > 8月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

才能集う場 活躍と成長を U18代表 唯一の2年生 星稜・奥川投手

代表に合流前、キャッチボールで調整する星稜の奥川恭伸投手=金沢市御所町で

写真

理想は金足農・吉田投手「生で球速感じたい」

 九月三日に宮崎市で開幕する「BFA U18アジア選手権」に向けた日本代表の合宿が二十五日、東京都内で始まった。唯一の二年生として加わる星稜高の奥川恭伸投手は「チームの勝利に貢献したい」と力を込める。(稲垣達成)

 他の選手は全員が高校三年。史上初の春夏二連覇を果たした大阪桐蔭高の根尾昂選手(三年)や準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(同)らと共にプレーする。「チームになじめるか。周りのレベルが高くて、練習についていけるのか」。出発前、そんな不安を吐露した。

 だからこそ成長もできる。星稜の林和成監督は、奥川投手に精神面での成長を期待する。「周りは一線級の選手ばかり。練習に取り組む姿勢など多くを吸収してきてほしい」

 甲子園で大分・藤蔭高との開幕戦で自己最速の150キロを計測した奥川投手。「速いのは武器の一つ。球速にこだわりたい」とさらなる球速アップを狙う。目指すのは「相手に『打てないな』と思わせるような圧倒的な投手」。お手本は吉田投手だ。奥川投手は「生で球の速さを感じたい。変化球の握りも聞きたいです」と話した。

 日本代表は二十八日に明治神宮野球場(東京)で大学日本代表と壮行試合を行う。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索