トップ > 石川 > 8月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

衛星画像を解析 科学の面白さ知る 野々市の小学生挑戦

衛星画像を見て周囲の環境を調べる児童=野々市市情報交流館カメリアで

写真

 野々市市内の小学生に科学の面白さを伝える「カメリアキッズ」が二十四日、市情報交流館カメリアであり、四〜六年生十五人が衛星画像の解析に挑んだ。

 金沢工業大の徳永光晴教授と同大三、四年のゼミ生十七人が講師を務め、衛星画像を解析するソフトの使い方などを児童に教えた。

 児童はアイスランドやピラミッドといった興味がある国や名所の衛星画像を見ながら、周囲の環境などを調べた。鹿児島県の桜島を調べたという菅原小四年の長沢壮星君(10)は「画像から大きさを調べ、かなり大きいことが分かった。今度は実際に足を運んでみたい」と話した。 (冨田章午)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索