トップ > 石川 > 8月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

紙芝居披露し高齢者と交流 宇ノ気中の生徒

紙芝居をする宇ノ気中の生徒=かほく市宇野気区公民館で

写真

 かほく市宇ノ気中学校の生徒五人が二十二日、同市宇野気区公民館で高齢者たちと交流した。

 生徒らは同校のジュニアボランティアのメンバー。宇野気区の七十五歳以上の高齢者が集まるニコニコサロンで紙芝居を披露すると、高齢者からは笑い声がもれた。

 大熊琳子さん(三年)は「笑っていただいて読みがいがあった。感情を込めて読んだ」と振り返れば、気谷優衣さん(同)は「読んでいて楽しかった」と話していた。五人は高齢者たちと昼食をともにし、交流を深めた。 

  (島崎勝弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索