トップ > 石川 > 8月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「ものづくりの輪島感じて」 朝市通り 工芸作品楽しむ催し

幅広い世代の作家が手掛けた工芸作品が並ぶ会場=輪島市河井町の輪島キリモト・本町店で

写真

 幅広い世代の工芸作家の作品が楽しめるイベント「わじま工迎参道・夏〜しあわせのモノさがし〜」が二十二日、輪島市河井町の朝市通りで始まった。二十九日まで。

 輪島朝市に店舗を構える漆器店などが合同で企画。五回目の今回は、過去最多となる工芸作家十六人の作品を四店舗で展示販売するほか、スタンプラリーも開催。四店舗全てを回った来場者には、地元産の塩や米などが入った「輪島の幸の詰め合わせ」を贈る。

 参加店の一つ「輪島キリモト・本町店」では、二階の展示スペースで市内外の六人が手掛けた数百点が並ぶ。携帯電話型の手鏡や木の質感を生かしたアクセサリーなどいずれも創意工夫を凝らした作品ばかりだ。

 イベントを企画した一人で「輪島キリモト」の加藤修央さん(39)は「夏らしいアクセサリーも多く、幅広い年代の人が楽しめるイベント。ものづくりの街・輪島を感じてもらえたら」と来場を呼び掛けている。 (関俊彦)

 ◇そのほかの展示販売店舗 KALPA(カルパ)、La Quarta(ラクアルタ)、小西庄五郎漆器店

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索