トップ > 石川 > 8月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

クロダイ稚魚出荷 佐々波漁港に放流 県水産総合センター

トラック荷台の水槽に移されるクロダイの稚魚=志賀町赤住で

写真

 県水産総合センター生産部志賀事業所(志賀町赤住)は二十二日、海に放流するクロダイの稚魚の出荷を始めた。九月中旬までに、能登地方の漁協五支所に計十九万五千匹を予定。初日は県漁協佐々波支所(七尾市)に五千匹を配った。

 同事業所が生産したクロダイの体長は平均五センチ。放流後は岩場などに生息し、二年後に二〇センチ、三年後には三〇センチほどへの成長が見込まれる。

 事業所で出荷作業があり、職員らが事業所の水槽からトラックの荷台に積まれた水槽へと、海水とともに稚魚をバケツで移し替えた。この日のうちに佐々波漁港に放流された。今後は、輪島、穴水、能都、ななか各支所への出荷を予定している。 (榊原大騎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索