トップ > 石川 > 8月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

花嫁のれん 山形から逸品 収集家の平田さん 七尾で展示会

展示されている平田栞さんが収集した花嫁のれん=七尾市馬出町で

写真

珍しい「赤色の鶴」の柄も

 山形県米沢市の骨董(こっとう)収集家平田栞(しおり)さんが集めた花嫁のれんを並べた企画展が、七尾市馬出町の花嫁のれん館で開かれている。9月24日まで。(松村真一郎)

 大正−昭和時代の八枚を展示。宝船のほか、通常は白で表現される鶴を赤色で描いた珍しいのれんもある。以前からのれんを集めていた平田さんが、同館の存在を知り「花嫁のれんの風習がある地域で展示してほしい」と、連絡したのがきっかけで、初めて展示することになった。

 同館では、夏休み限定企画として、親子での花嫁のれんくぐり体験も、八月末まで開催。幼児から小学生までの子どもと親のペア五千円(入館料込み)で、子どもが一人増えるごとに二千円の追加料金がかかる。休館日は第四火曜日。(問)花嫁のれん館0767(53)8743

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索