トップ > 石川 > 8月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

福島の子と力いっぱい交流 那谷寺縁日奉賛相撲

熱戦を繰り広げる福島県の児童(左)と那谷小の児童=小松市那谷町で

写真

 小松市那谷町の那谷寺にある相撲場で五日、那谷寺縁日奉賛学童相撲大会(北陸中日新聞後援)があった。福島県から小松に訪れている児童と地元の児童や園児が、相撲を通して交流した。

 同町壮年会が主催。低学年と高学年に分かれてのトーナメント、勝ち抜き戦などがあり、大歓声の中、子どもたちが思い切りぶつかり合って汗を流した。

 東日本大震災の被災地支援をしている市民団体「SMRI(サムライ)」が企画する福島キッズキャンプからは、小学生十七人が出場した。キャンプは七月二十五日〜八月七日の日程で、福島県内の小中高校生三十人が参加している。SMRIは二〇一二年夏から毎年キャンプでの支援を続けている。

 地元の児童との三分にもおよぶ熱戦を制した石川陽都君(11)=福島市鎌田小=は「小松は自然いっぱいなところがいい。地元の子と相撲ができて楽しい」と話していた。 (竹内なぎ)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索