トップ > 石川 > 8月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「かこさとしさん」展 始まる 小松「だるまちゃん」原本も

加古里子さんの絵本に見入る来場者=小松市京町の絵本館ホール夢の本棚で

写真

 五月に九十二歳で亡くなった福井県越前市出身の絵本作家、加古里子(かこさとし)さんを追悼する「ありがとう かこさとしさん」展が四日、小松市京町の絵本館ホール夢の本棚で始まった。五、十一、十二の三日間にも開かれる。加古さんが戦後、「子どもたちに生きる力を身につけてもらいたい」と描き続けた作品の軌跡を紹介している。

 初版から半世紀以上親しまれる絵本「だるまちゃんとてんぐちゃん」などの版を重ねる際に編集者が指摘箇所を書き込んだ原本三点や、同作を編集した児童文学者松居直(ただし)さん(91)=東京都=へ、加古さんがお礼の言葉を添えたサイン本などが並ぶ。展示は松居さんが同市小馬出町の市空とこども絵本館に寄せた蔵書を活用する市民団体「松居直コレクションプロジェクト」と同館が催した。

 代表作の一つ「からすのパンやさん」に登場するカメやパンダの形をしたパンも一日二十個限定で販売。小松市小寺町のパン店「ククー」が協力した。

 絵本の主人公「だるまちゃん」になりきって写真を撮れるコーナーや、加古さんの著書にちなみ、日本古来の伝承遊びを体験できる小部屋は、親子連れでにぎわった。厚紙でカラスやだるまちゃんを作る工作企画もある。

 夫と長女(1つ)と訪れた同市大領町の教員大野百合香さん(30)は「加古さんはいかに生きるかということを子どもに伝えようと、すごく考えて絵本を作ったことがよく分かった」と話していた。

 開場時間は午前十時〜午後三時。入場無料。パンの販売は午前十時から。(問)空とこども絵本館0761(23)0033 (白井春菜)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索