トップ > 石川 > 8月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

模擬の訪問診療を経験 あなみず地域医療塾

真剣な表情で模擬の訪問診療に取り組む参加者たち=穴水町川島で

写真

 在宅医療をテーマにした研修会「あなみず地域医療塾二〇一八」が四日、穴水町川島の宿泊施設「キャッスル真名井」を主会場に始まった。五日まで。

 穴水総合病院や県内の医師、看護師のほか、理学療法士や医学生、看護学生ら三十二人が参加している。初日は、二日間のメイン企画となる模擬の訪問診療を実施。町内の民家で同病院の職員が患者役を務めた。

 参加者は六班に分かれて体験。丁寧な口調で患者役の男性に症状を聞いたり、妻役の女性に薬の摂取状況を確認したりしながら、地方での在宅医療の課題を考えた。

 穴水総合病院と金沢医科大能登北部地域医療研究所が共催して六回目。地域医療、へき地医療を学ぶ機会をつくるため行われている。五日は、四日の模擬体験の成果や気付きをまとめ、全体発表する。 (田井勇輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索