トップ > 石川 > 7月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

障害 関係の無い学校を インクルーシブ教育で講演会

インクルーシブ教育の重要性を説く一木玲子さん=金沢市香林坊で

写真

 障害の有無にかかわらず、それぞれに合った配慮を受けて子どもたちが同じ学級で学ぶ「インクルーシブ教育」を考える集いが一日、金沢市香林坊の県教育会館で開かれた。

 大阪経済法科大客員研究員の一木玲子さんが「インクルーシブ教育実現の条件」と題して講演した。ある小学校の運動会で、どうすれば全盲の児童が全力で走れるかをクラスで話し合った例を挙げ、児童たちが考えた「親友が声をかけながら前を走れば大丈夫」という解決策を紹介。「ただ障害児を普通学級で学ばせるのではなく、多様な子どもに合わせて、学校が指導方法や組織を改革することが大切」と主張した。

 講演後は、中学教諭や障害児の保護者、一木さんによるシンポジウムもあった。集いは、県内の障害者支援施設の職員や教職員、保護者らでつくる実行委員会が主催し、約百十人が参加した。 (堀井聡子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索