トップ > 石川 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

心の声 見つけに 17日 成宮さん朗読ライブ

成宮アイコさんのライブを企画した中島江理子さん=金沢市石引の石引パブリックで

写真

金沢の看護師 中島さん企画

 東京都の朗読詩人成宮アイコさん(35)のライブ「生きづらさは生きるエネルギーだっ!」(北陸中日新聞後援)が17日、金沢市石引の石引パブリックで開かれる。生きづらさを抱える人のため居場所づくりをしようと、精神科に特化した訪問看護ステーションで働く看護師中島江理子さん(46)=金沢市=が初開催する。(督あかり)

 成宮さんは不登校などを経験し、赤い紙に書いた生きづらさや人間賛歌を題材にした詩や短歌を詠み、捨てていくスタイルで知られる。今回は、シンガー・ソングライターの青山祐己さんがピアノで伴奏する。

 企画した中島さん自身も、幼いころから対人関係をうまく築けず、二十代後半には将来への漠然とした不安から、精神科に通院したことがある。四十二歳で一念発起して看護師免許を取得し、今は約三十人の患者を受け持つ。

 ちょうど二年前、大阪市西成区のライブハウスで成宮さんの詩の朗読パフォーマンスを見て衝撃を受けた。「きゃしゃで身をふりしぼって叫ぶアイコちゃんの言葉の強さに圧倒され、過去の自分のつらさと重なり、涙があふれてきた」

 ライブのほか、参加者が心の叫びを朗読や弾き語り、踊りなどで表現する「オープンマイク」やトークショーも行う。中島さんは「東京や大阪でこういったイベントに参加し、人とつながることで居場所を見つけ、勇気をもらえた。ぜひ北陸の人にも見てもらいたい」と呼び掛ける。

 成宮さんは「私は新潟県出身。地方都市で同じような境遇の人たちに会えるのがうれしい。隠したかった過去の話をすることで、皆さんも話すきっかけになるかも」と語る。

 ライブは午後二〜五時。チケットは事前予約千五百円、当日二千円。予約は氏名、参加人数、連絡先、オープンマイク出演希望の有無を書き、メールアドレス=dharma218617@gmail.com=へ。(問)石引パブリック076(256)5692

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索