トップ > 石川 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

気軽に訪れ くつろいで 本社1階に常設ギャラリー

(上)世界のニュース写真を展示する北陸中日新聞報道写真コーナー (下)個性あふれる作品が並ぶ北陸中日写真協会ギャラリー=いずれも中日新聞北陸本社で

写真

報道写真や北陸中日写協会員作品

 中日新聞北陸本社は十三日、一階に常設のギャラリーを設けた。報道写真と北陸中日写真協会会員の写真を数多く展示し、にぎやかな雰囲気をつくり出している。能美市出身の中日ドラゴンズ京田陽太選手(24)の成績が一目でわかるパネルも置き、気軽に立ち寄って楽しめる空間になった。

 報道写真は、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長ががっちり握手を交わす場面に、雨にぬれてあでやかに咲くハナショウブなど。季節感あふれるものや、歴史的瞬間を捉えた場面など十枚が並ぶ。

京田陽太選手の 等身大パネル

気軽に写真が撮れる京田陽太選手のコーナー

写真

 北陸中日写真協会の会員が撮影した写真も。同協会本部委員で石川テレビ賞を受賞した渋谷利雄さん(81)=羽咋市=が撮影した六枚を壁に掛けた。燃えるように咲くキリシマツツジが目を引く。会員の作品は随時、入れ替えていく。

 十一日からは、数量限定で京田選手の名前や背番号が入ったオリジナルTシャツの販売も行っており、等身大パネルと一緒に写真撮影も楽しめる。

 菅沼堅吾北陸本社代表は「地域の人たちに楽しんでもらえる空間になった。ふらっと立ち寄って、くつろいでもらえれば」と話していた。 (稲垣達成)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索