トップ > 石川 > 2月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

雪の兼六園 レンタル長靴で 金沢駅・観光案内所で好評

観光客(右)から長靴を返却される観光案内所の職員=金沢駅で

写真

過去最多上回るペース

 金沢駅の観光案内所が観光客向けに実施している長靴のレンタルが好調だ。今回の大雪を受け、毎日二十足ほどのペースで貸し出されており、月間の貸し出し数が過去最多(二百十八足、二〇〇五年十二月)を超えそうな勢いで推移している。

 案内所では男性用と女性用をそれぞれ四十足そろえ、無料で利用できる。利用は四日ごろから増え始め、一日から七日までに計百四十七足を貸し出した。大雪やその後の積雪が続いているときに貸し出し数が増える。

 八日も約十足の利用があった。スニーカーやハイヒールから履き替える人や、使い終わった長靴を片手に戻ってくる人の姿が見られた。

 六日から金沢を訪れ、雪の兼六園や金沢城を楽しんだ千葉県市川市の映像制作業鎌田啓生(ひろき)さん(28)は「かなり雪が降っていて大変そうだなと思っていたので、レンタルは助かった。長靴なしでは絶対に行けないところがあった」と話した。

 笠野浩一所長によると、雪に慣れていない地方から来た日本人が市内を歩き回る際や、外国人が岐阜県の白川郷を訪れる際に利用することが多い。

 笠野所長は「観光客は雪でも出掛けたい。この調子なら今月は過去最多を超えそう」と話した。 (山内晴信)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索